プロボノって、なに?

前回はプロボノの意味について説明しました。専門的なスキル・経験等をボランティアとして提供し社会課題の解決に成果をもたらすことをプロボノといいます。さて、今回はプロボノの歴史について少し触れてみたいと思います。
プロボノとはもともと弁護士などの一部の職種で、専門知識を活かして取り組むボランティア活動のことを呼んでおり、現在もアメリカやイギリスでは弁護士を中心に活動が拡大し、近年は、幅広い職種・分野へと広がりを見せています。日本では2010年が「プロボノ元年」と言われ、経営戦略、マーケティング、IT、建築、映像、デザインなど、さまざまな経験・スキルを活かしたプロボノ活動に関心が寄せられるようになってきました。このような活動を登録して実際に行う人のことをプロボノワーカーと呼びます。
今回、大和高田市ではプロボノチャレンジを企画しています。仕事で培った経験やスキルを活かしたり、人のつながりを増やしたり、身近な地域活動にかかわってみたいなど、特別な能力や力がなくても普段しているお仕事のスキルを活用し、少しの時間だけで参加できます。楽しいことにチャレンジしたい!新しいことを体験してみたい!という方、このような企画に一度挑戦してみませんか?
8月18日(土)14:00からプロボノワーカー説明会を実施しますので、ぜひ参加してください。お待ちしています!
Facebook↓↓↓
参加申込(Peatix)↓↓↓