プロボノって、具体的には何をつくるの?

プロボノの意味、関わり方について前回まで説明しました。期限を決めて支援し、チームで成果物を団体と完成させる関わり方。さて今回は具体的にどのような成果物を一緒につくるのかについて説明します。

例えば・・・
〇地域団体が団体の活動について相談に乗ってほしいという場合は企画力・戦略コンサル・マーケテイング・ファシリテーション等のスキルを持つワーカーがチームを組み課題整理を行うワークショップを実施し、団体がじっくりと考える機会を提供します。
〇活動やイベントに関心を持ってほしいという地域団体にはデザイン・コピーライター・企画・営業・マーケティング等のスキルを持つワーカーがチームを組んでイベントチラシ作成をサポートし成果物として制作したり、ロゴデザインを考えるワークショップを行いながら団体と一緒に考えていきます。
〇ITをもっと効果的に活用したいという地域団体にはWeb活用・システム・企画・営業等のスキルを持つワーカーがチームを組んでFacebookページ立ち上げ・活用講座を実施し一緒にFacebookぺージを立ち上げたり、クラウドツールを活用する入門講座を開催し導入に一歩踏み出すサポートを提供します。
〇団体の活動資金の調達を強化したいという場合は経理・会計・企画・営業等のスキルを持つワーカーがチームを組んで営業資料や営業力をアップするための実践的トレーニング等で営業力を応援したり、クラウドファンディングの活用プロジェクトの企画・アイデアを一緒に考えます。

このような形で皆さんの持つ様々な「できること」を団体などの「してほしいこと」とマッチングする準備を今後してまいります。
自分の「できること」がある方、「できること」を探している方も是非説明会に参加してみませんか?新しいことが発見できるはず。

8月18日(土)14:00からプロボノワーカー説明会を実施しますので、ぜひ参加してください。お待ちしています!
Facebook↓↓↓
参加申込(Peatix)↓↓↓